沿革

沿革

1948年(昭和23年) 青森県平川市(旧平賀町)にて今井材木店として木材製品の販売を始める。
1955年(昭和30年) 新建材、ベニヤ、セメント、トタン類の建築資材全般を扱う。
1958年(昭和33年)

旧平賀町駅前の土地(約120坪)を取得、倉庫及び事務所を新設開業する。

1960年(昭和35年) 住宅用サッシの販売、シャッターの取付販売を開始する。
1973年(昭和48年) 資本金300万円にて法人化、『株式会社 今井産業』に社名変更する。
1977年(昭和52年)

現住所 平川市新館藤山16-1(旧平賀町新館)に移転、事務所及び倉庫を新設する。

1980年(昭和55年) 第一木材置場(事務所向かい)に約300坪の土地を取得する。
1982年(昭和57年)

上記敷地に木材倉庫を新設、またランドマークとしての広告塔も併設する。

事務所内において、一級建築設計事務所を設け確認申請代行業務を始める。

1983年(昭和58年) 工務店とお施主への接客販売としたショールーム『住まいの展示館』を公開する。
1984年(昭和59年)

フクビエアサイクル津軽地域加盟店となり、普及活動及び工務店の育成にあたる。

1987年(昭和62年) 平川市新館野際に、土地約300坪、資材倉庫約200坪を取得する。
1991年(平成3年)

旧駅前事務所に、サッシ・エクステリア販売のエンジニア工業を分離移転させる。

グラスウール断熱吹込ブローイング及びBIB工法の権利取得、施工を開始する。

1993年(平成5年)

平川市高畑前田197に木材加工・集成材生産販売とするモクテック工業を新設する。

土地約700坪、第一工業約200坪、他事務所及び資材倉庫を備え製造業を開始する。

1995年(平成7年)

今井産業、エンジニア工業、モクテック工業の3事業を結ぶIT構築を完成させる。

モクテック工業が生産する造作用集成材のJAS認定を取得する。

1996年(平成8年) 当社開発部門と札幌市J建築システムとの共同による木造合理化システム『JET工法』を発表、この年、建設省の建築物性能認定事業登録を取得する。
2000年(平成12年) 創業50周年を迎え、記念式典を弘前市内のホテルにて開催する。
2001年(平成13年)

21世紀の住宅業界を見据え、150社の組織『e住まいネットワーク21』を発足させる。

日本住宅木材技術センター認定、住宅性能表示対応型式を上記「会」にて取得する。

2003年(平成15年)

建設資材のリサイクルの一環として、認定許可の産業廃棄物収集運搬業を開始する。

国土交通大臣受賞商品『耐震開口フレーム』、『JBRA-1』の製造・販売代理権を取得する。

2004年(平成16年)

平川市新館藤山の隣地850坪の土地を取得、木造新社屋『虹いろの杜』425坪を竣工する。

シックハウス対応に向けて、アシスト理研の開発商品『SOD工法』の県内販売を始める。

2005年(平成17年)

旧事務所の土地に建材倉庫約300坪を増設する。新たにシンボル的広告塔も設置する。

e住まいネットワーク21の認知を高めるため、特許庁より商標登録の認定を受ける。

得意先へ顧客満足度を高めるための支援サービス『365日年中無休営業』を始める。

2006年(平成18年)

情報の受発信と地域のアンテナとしてのホームページhttp://nijiironomori.netを開設する。

核家族のライフスタイルのコンセプトを提案した住宅『雪国の小さな家』を公開する。

2008年(平成20年)

国土交通省の補助事業『高性能型青森産住宅モデル展示場を活用したLLP方式による情報発信事業』を県内初めての採択。

2011年(平成23年)

『地域活性化応援プログラム』事業にて、1ヶ月間の「リフォームマッチングフェア」平川市の特産品や物産品をPRするコラボ開催。

(財)地域整備財団主催『県産材を使った薄い木板の連続曲げ加工技術での新製品開発』が認定『e-Wood』の本格的生産開始。

  • 家づくりサポート
  • e-wood
Copyright © 2014 IMAI Corporation All Right Reserved.
トップに
戻る